2006年10月19日

【劇場】スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ
監督:深作健太
出演:松浦亜弥 、石川梨華 、三好絵梨香 、岡田唯 、斉藤由貴 、長門裕之
2006.10.18 新宿新宿オスカー
『麻宮サキ』がにスクリーンに復活!
TVシリーズ初代サキの娘が母親の刑期と引き換えに「エノラゲイ」というアングラサイトにまつわる事件の為、「学生刑事」として学園に潜入する。 
 
原作が大好きで、あややかわいいし本当に観たかった…
で、感想は思ったよりは全然良い出来でしたよ!
 
もちろんあややはかわいいけど、それだけではなく美しく強い…凛々しいのです。
あの目で見据えられたらドキドキしますね。
(オッサンのようになってきた…)
 
お話は3日間に絞っているのでスケールは小さめですが、コンパクトにまとまっていると思います。
大勢の学生の中で常にサキだけ色(制服や傘)が違うのもうまく表現してるなぁ…と思いました。
昔のサキは長いスカートだけど、あややのミニのセーラーはもぉ…ホント萌!ですよ。
 
そして娘はヨーヨーをうまく使えないのも笑った。
サキは娘にヨーヨー教えなかったのね〜
あと、サキが殴られたり転んだりするときがすっごく痛そうだった…(苦笑)
 
竹内力演じる吉良とあやや演じるサキの恋愛のような父性愛のような微妙な空気もモエでした。
 
あと所々に和田先生の作品が絡んでるのもファンにはうれしいですよね。
漫画喫茶の本棚とかサイトのタイトルとか…
「学校は燃えてるか」と「エノラゲイ」は一発で分かりましたよ!
 
演技とかはまぁ…なんですが、それを補うパワーがありました!
映画というよりはTVシリーズでやって欲しいけど…どうでしょ。
posted by トルテ at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25768588

この記事へのトラックバック

関係者の間もブーイング!松浦亜弥ピンチ?
Excerpt: あややピンチか?コンサートを直前にキャンセルしたことが波紋を呼んでいるという。それもファンはもちろんのこと、芸能関係者の間でも波風が立っているというのだから抜き差しならない状況かもしれない。
Weblog: 芸能人の真実にあいのり…
Tracked: 2006-10-20 02:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。