2006年08月23日

【試写会】ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
監督:ジャスティン・リン
出演:ルーカス・ブラック 、バウ・ワウ 、サン・カン 、ナタリー・ケリー 、ブライアン・ティー 、千葉真一、北川景子
2006.8.22(火)東京国際フォーラムA

主人公ショーンはストリート・レース中に衝突事故を起こして逮捕された。
刑務所行きを免れるために日本にいるの父のもとへ行くことになる。
高校で知り合った友人に誘われて赴いたパーキングでドリフト・レースの魅力に取り付かれていく…

ラストにサプライスあり!
うわぁぁぁ…って感じです。
個人的に見所はそこくらい(苦笑)よく出てきたよね、2には出なかったクセに…(苦笑)
1〜3まで全部見たけど、やっぱ1が一番良かったな。

というのも、この作品、あまりにスケールが小さい…
渋谷の交差点をドリフトしたりとか、まぁ、CGよねと思いつつも楽しめる部分はあるのですが、主人公が詰襟で公立学校行くとかありえないですから、もう…;
(-_-;)

ドライビングシーンは、ドリキン 土屋圭一さんがCGに頼らず体当たりしたとか。
でも、ワイルドスピードの魅力はドリフトじゃないよね。
スピードですよ。
なんていうか…
「間違った頭文字D」
ってカンジ?
いや、実写版「頭文字D」のが私は楽しめましたよ。

新しい主人公をすえるのはいいけど、やっぱり超えないとね…
で、私の中ではポール・ウォーカーを越えられなかった。
何だかとっても残念な作品でした〜


posted by トルテ at 01:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。