2006年08月20日

【劇場】DEATH NOTE 前編

DEATH NOTE
監督:金子修介
出演:藤原竜也 、松山ケンイチ、藤村俊二、鹿賀丈史、中村獅童(特別出演)
2006.7.12 丸の内ルーブルにて。

あらすじはこちら

原作版はこちら

爆発的人気で、映画化に続きアニメ化、ゲーム化、小説にもなりましたね…なデスノ。
私は連載開始時には存在を知らなくて、単行本1巻の発売日にたまたま本屋さんで見かけて
「あ、小畑先生の新刊だよ」
って程度で手にしたのですが…
これがオモシロ!

そんなデスノが映画になると聞き、主人公ライト役に藤原竜也クンって…え、そんなちゃんとした映画をやるの!?
しかも前後編!?
びっくりしたもんです。
でも、観たかった…ので、休みを取ってレディースディに観てきました、\1000で(笑)

感想は
「あ、思ったほど悪くないカモ」
って感じです。
主人公2人(ライトとL)のビジュアルが違和感ないので、結構すんなり観れる…
特にLは良かったな。
甘いものへのこだわりとか。
お菓子の串刺しとかカワイイ(苦笑)

原作はもちろんアレンジされているので、原作まんまとは行かないのですが、悪くはない…かな。
しかし、原作でこれでもか!
と出てくるライトの独り言のようなモノローグがないので
原作を知らない人はライトがなに考えているのかわからないのではないか…と思ったり。
(知ってる人は当てはめて考えるから…)

オリジナルキャラのシオリはあんま必要ない気もしました。
オチを考えるとその為に存在したキャラなんでしょう…ね。

ともあれ、秋公開の後編も楽しみ。
このままだと原作とは違うオリジナルのオチがあるのでしょうからね。


posted by トルテ at 20:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。