2006年02月22日

【試写会】県庁の星

県庁の星
監督:西谷弘
原作:桂望実
出演:織田裕二 、柴咲コウ 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 、紺野まひる
2006.2.17(金)TOKYO FMホールにて。

県庁のキャリア公務員・野村聡は、ビックプロジェクトを実現させる為の手段である「民間企業との人事交流研修」のメンバーに選ばれる。
研修先はイマイチパッとしない三流スーパー。
そして野村の教育係年下のパート店員だった…

織田君の久しぶりの主演作。
(踊る大捜査線2以来だそうで…そんなに出てなかったっけ?と思ったけど、そか、ドラマでしたね、出てたの。)

踊る〜なんかに比べるとヒジョーに地味な作品だと思う。
その割には上映時間が結構長いんですよ、2時間越えるし;
お話自体は悪くないし、いい話だと思うんだけど、どうしても地味な印象が残って、やっぱり劇場で上映するんだから、映画らしい派手(というのかな?)な見所がほしかったな、という思いが残りましたねぇ…

たとえばスーパーの内情とか「スーパーの女」程突っ込んでないし、県庁の内情もさほど突っ込んだ描写がない。
(「スーパーの女」がすごい良作品とも思っていないけど、「県庁の星」のスーパー描写よりは楽しく観れた…)
まぁ、主人公の心の動きをメインにしているから、そういう内情について深く突っ込む必要もないのかもしれないけれど…;
でも、一部分で良いから突き詰めた表現がないと何だか薄味になっちゃう気がして。

連続ドラマとかにしたほうがじっくりエピソード練れて良かったかも;

posted by トルテ at 20:17| 東京 ☁ | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

県庁の星
Excerpt: 久々の試写会第1弾 サイト http://www.kaikaku-movie.jp/ ネタバレあり
Weblog: やあちゃん’s Memory
Tracked: 2006-02-23 10:12

県庁の星
Excerpt: ●『県庁の星』2006年2月25日公開。織田裕二3年ぶりの映画は社会派コメディ。去年は番外編というよりスピンオフでとりあえずヒットした『踊る・・・』やらないのかな?今年..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-02-26 21:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。