2006年02月21日

【試写会】アサルト13/要塞警察

アサルト13/要塞警察
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
出演:イーサン・ホーク 、ローレンス・フィッシュバーン 、ジョン・レグイザモ 、マリア・ベロ 、ガブリエル・バーン
2006.2.13(月)18:30東商ホール 試写会

1976年ジョン・カーペンター監督の出世作「要塞警察」のリメイク。
大晦日のデトロイト。
その日で閉鎖される13分署には、主人公を含む数人の警察官がいた。
そこへ、吹雪による悪天候のため、凶悪犯たちを乗せた護送車が緊急搬送されてくるが、突如警察署が一斉攻撃を受ける。
13分署を攻撃する謎の武装集団は「警察」
こうして、13分署内の警官と犯人は手を組んで謎の武装集団と戦う。

いわゆるB級映画で、肩肘張らずに気楽に観られる映画。
交渉人」のスタッフ(?)が作ったというのを聞いて観ると何となく共通のテイストを感じるような…?
途中で「誰が裏切り者か」が何となくわかっちゃうのが残念。
ちょっとカンのよい人(もしくはこの手の映画を見慣れてる人)は多分分かるはず。
結構味方がポコポコ死んで行くのでびっくりした。

私はもともとの作品を見ていないのですが、元の作品もこのとおりなのでしょうかね???
犯罪者のボス役のローレンス・フィッシュバーンはハマリ役ってカンジでした。


posted by トルテ at 00:46| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。