2006年11月25日

【試写会】プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔
監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリル・ストリープ 、アン・ハサウェイ 、エミリー・ブラント 、スタンリー・トゥッチ 、エイドリアン・グレニアー 、トレイシー・トムズ
2006.11.7 東京厚生年金会館
ジャーナリスト志望のアンディが面接を受けたのは業界でも有名なファッション誌のカリスマ編集長・ミランダのアシスタント募集であった。
ミランダの下で、過酷な労働をするアンディ。
ファッションにもミランダにも興味がなかったアンディが仕事を通じてファッションや自身の恋について考え方が変わって行く…
ミランダ役のメリル・ストリープがもう、貫禄がある。
怒鳴ったりせず、口調は常に穏やかだけど要求は一級の難題ばかり。
アンディ役のアン・ハサウェイは最初冴えない女の子だったのに、お話が進むに連れて別人のようにゴージャスになる。
ブランドやファッションに興味がなくても、映像として観て楽しい作品。
プラダは勿論ですが、プラダはもちろん、シャネル、エルメス、あとヴァレンティノ、ドルチェ&ガッバーナとか?
日本人にもなじみのあるブランドが多数登場します。
ラストは…良かった気もするけど、できればあのままミランダの下で頑張って、彼女自身ミランダと同じ高みまで上がって欲しかった気もします。
でも、仕事に取り付かれたアンディが最後、我に返ってミランダと別れて歩き出す…
あれがこの作品のメインテーマなんだろうなー、と思うとあのラストだろうな。
posted by トルテ at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

【試写会】Sad Movie <サッド・ムービー>

Sad Movie <サッド・ムービー>
監督:クォン・ジョングァン
出演:チョン・ウソンチャ・テヒョンイム・スジョンヨム・ジョンアシン・ミナイ・ギウ
2006.10.30中野サンプラザ


8人の男女の「別れ」にスポットをあて、それぞれの別れのドラマを描くドラマ。
心が離れていく彼女に見直してもらえるよう「伝言屋」を始める男性、無骨な消防士、その消防士の無事の帰還を祈るあまり不安に押しつぶされそうな彼女、話が不自由な少女、死期の近い母親と息子等等。


印象としてはラブ・アクチュアリーの悲しいverってカンジ。


ラブ・アクチュアリーは大好きなんだけど、こちらは泣けなかったし、あまり心にグッと来なかったのが本音。
そもそもタイトルが「泣かせ」前提なので、心のどこかで身構えてしまう気がした;
もったいない。


それと複数の話が同時進行するだけで、いろいろなエピソードが単独になっているので、それならどれか1人のエピソードに絞って深く描けばいいのに…
とか思ってしまったです。
(勿論それぞれのキャラがかかわってくるエピソードもあるんですけど、とにかく浅い印象が;)


なわけで、私は泣くタイミングを逃したままED突入してしまいました。
「泣かせる!」って言うから泣けなかった気がする、そんな映画でした。


 

posted by トルテ at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。